習慣を変える必要のないひと時

尾籠な話になりますが、私の実家にはウォシュレットがトイレに付いていません。何度も費用は私が負担しますからトイレを修繕しようと母親に申し出ました。トイレはリフォームしないのに庭のリフォームをしています。父親は8年前に亡くなり今、母親は一人暮らしです。80歳を過ぎて元気なのですが、姉の話を聞くと時どき眩暈やその他の症状を引き起こしているそうです。私には内緒にしているようです。心配しないようにと。私も定年を迎えて時間ができましたので、よく実家へ母親の様子を見に行くようになりました。今後は同居をしたいと考えているのですが母親は躊躇っています。さて本題ですが、私は用を足した後にウォシュレットで洗浄するのが生理的に大好きです。肉体的に気持ちが良いのです。衛生的にも容易と思っています。決して変質者ではありません。家にいる分には自宅のトイレのウォシュレットを当然自由に時間をかけて使います。ところが外出した時に、用を足す状態になったときには大変です。ウォシュレットの付いているトイレでないと用を足したくないようになりました。というより足せなくなりました。まだまだウォシュレットの付いたトイレは少ないのです。それも乾燥までついたトイレは本当に少ないです。どうしようもない時は我慢しますが、どうも落ち着かなくなって仕方がありません。時間があるときにはお尻の洗浄のためにもう一度トイレを捜します。コンビニエンスストア、ドラッグストア、デパートのトイレなどをです。実家に泊まった翌日のトイレでの用足しに随分と苦労をして来ました。地方なもので、わざわざ車で洗浄できそうなところを探しに出かけていました。ところが最近実家から歩いて1~2分のところにコンビニエンスストアができたのです。ウォシュレットの付いたトイレがあったのです。実家に泊まるのが楽しくなりました。翌朝、用を足してコンビニエンスストアで洗浄する。まさに幸せを感じるひと時です。只では悪いので雨を買ったり、新聞を買ったりしてコンビニエンスストアを後にします。

主人には悪いですがいない時は天国です。

結婚して5年程経ち、子供が3歳になりました。共働きなので仕事と育児と家事とに毎日追われていてゆっくりとテレビを見る、ソファーに座るということもなくいつも疲れ果てて寝る。でも起きると忘れてたことや、やっていなかったことに気づいて朝からバタバタな一日がスタートするのですが、子育てしながらの仕事をしているママはよくあるパターンだと思います。うちは主人は全く家事をしないタイプではなく少しは協力してくれるのですが相手がやったいるうちはのんびり座るというのが何となく私が悪いなぁと思ってしまって主人といるとくつろぐことがあまり出来ないのです。子供と2人の時もまだまだ甘えてくる年齢だし普段相手をしてあげられないぶんしっかり遊んであげたりかまってあげないと。と思うので1人の時間がほとんどない私はくつろぐ。ということがこの5年間ない状態です。ただうちの主人はたまに長めの出張に出かけます。その時がとても楽チンで天国のように感じてます。独身の頃からお酒を飲むのが大好きでビールやワインをよく飲むのですが主人がいるともう少し飲みたいなぁと思ってもなかなかゆっくり飲めずご飯の後片付けやお風呂に入るなどしていたら好きには出来ません。ですが主人がいない時は好きな時に飲み始めて子供とのんびり遊んでご飯も適当に済ませたらすごく幸せな時間がやってきます。子供も何かテレビを見せておくと大人しいのでその時が本当に幸せを感じます。主人が出張と聞くと「大変だね。」と主人には言いますが内心は「やったァ!ご飯しなくていい!またお酒飲める!」と思ってます。ときどきご褒美に大相撲のチケットを買ってきてくれます。

ほんの1時間のちょっとした幸せ

私は朝6時に起きます。
仕事に行く旦那のために、弁当を作ります。
おかずは冷凍食品ばかりですが、弁当を作ってくれるだけで嬉しいと旦那は言ってくれます。
フライパンに卵とハムを焼いて、豆腐の味噌汁作って、ご飯に納豆に梅干しが朝ごはんの定番メニューです。
朝ごはんの準備が出来たら、旦那を起こします。
その時に10ヶ月になる娘も一緒に起きてきます。布団は旦那自ら畳んでくれるので助かります。
私は、旦那と一緒に朝ごはんを食べてから娘の離乳食を作ります。
毎日メニューに悩みます。バランスが良いように作るのは大変です。
娘に離乳食を食べさせるのも一苦労です。
自分で手づかみして食べたいのか、最近はスプーンで食べさせようとすると嫌がります。
ご飯を投げつけ、お茶を吐き出すのがブームみたいで、お茶をストローで吸ってはダァーっと吐き出しています。
毎日、床はびちゃびちゃで、離乳食を食べさせた後、掃除が大変です。
旦那の出勤時間になり、娘と「行ってらっしゃい」と見送り、食べたお皿を洗い、お皿を拭いて、トイレ掃除をして、洗濯物を干して、娘をおんぶしながら部屋の掃除をして、娘とおもちゃや絵本で遊んでから、寝かしつけます。
慌ただしい朝にやっとゆっくり出来ると思い、紅茶を入れて、ソファーに座り、大好きなスマホゲームやネットショッピングしたりしてる時がほんのちょっと幸せを感じます。
1時間ぐらいの時間ですが、自分の自由な時間が出来るのは嬉しいですね。
あ~新宿の調剤薬局行かなきゃ!?

何気ない時間の小さな幸せ

私がほんのちょっとだけ幸せを感じる時は、主人と食事をしている時です。
私と主人が始めて出会ったのは10年前、大学の同級生でした。当時から不思議とウマがあったので一緒にいると楽しかったですが遊ぶのは昼間や夜中で、今思うとあの当時は一緒に食事をしたことはありませんでした。
劇団四季のチケットを買って見に行くこともありました。大学を卒業してからはお互いに違う県に住むことになったために会うことはもちろん、連絡をとる回数も少なくなりました。連絡を取った時には、お互いに新卒で就職しているために悩みは尽きず、愚痴を言い合って慰めあっていました。
そんなある日、私は当時付き合っていた男性と別れようと思い、主人に恋愛相談をしていた時でした。主人に冗談のように「そんな男はやめて俺にしなよ」言われました。以前からよくそんなことを言われていたのでまたいつもの冗談だろうと思っていましたが、次の日また同じことを言われました。いつもの冗談とは何か違うと気が付き、真剣に考えました。結局当時の彼と別れて夫と付き合うことになりました。しかし私たちは県外同士、簡単に会える距離ではありませんでした。
遠距離を主人は甲斐甲斐しく通ってくれました。交際して初めて主人と一緒に食事をしました。よく食べる人だなと思ったことをよく覚えています。
それから結婚し、2人での食事が当たり前になりました。改めてよく見てみると、大好きな食べ物はとても嬉しそうに食べますし、私が作ったものを美味しいと言いながら食べる姿を見ると幸せだなと思います。昼は仕事もあるので別ですが、朝と夜はどれだけ主人の帰りが遅くなろうとも待って一緒に食事をとるようにしています。
食事など当たり前のことだと思います。しかし、遠距離恋愛でなかなか会えなかった私たちにとってはただの食事の時間もとても大切で、毎日幸せを感じています。

株価の変動をみてちょっとだけ幸せを感じています。

持っている会社の株価が上がった時や日経平均が上がった時にほんのちょっとだけ幸せを感じます。
実際はすぐに売ったりするわけではなく、株主優待や配当目当てで保持し続けているので短期の上げ下げはあまり関係ないのですが、
自分の応援している秋葉原で調剤薬局している企業の業績が良くなったり、評判が良くなったりすると自分の選択眼が間違ってなかったと肯定してもらっているきぶんになりとてもうれしいものです。
最近はどっぷりハマっており、仕事をしていて思うように進まない時や、嫌いな上司から理不尽な対応をとられてムカついているときなど、チラッと株価をみて上がっていると、嫌なことも一瞬で忘れられるような気がします。
株価は絶対に自分が想定するようには動きませんし、株価が手ごろな企業を探し業績を確認したり将来性を考えたり、という作業はなかなか大変でときには面倒くさくなって投げ出したくなることもしょっちゅうありますが、ゆとりのある生活を送るために+アルファの収入を得たいと思っていますし、老後の資金が早々に準備できたらストレスだらけの会社を辞めてやる、そのために今コツコツと努力しているんだ!という気持ちはとても強いモチベーションになります。
ここ数年で単独株以外にも投資信託や外貨などにも手を出すようになり、一喜一憂するシチュエーションが増えてしまいましたが一喜の部分だけを大切に、一憂の部分はすぐに忘れるようにして幸せを感じる瞬間だけを増やすことを心がけています。